先日走行不能でレッカーしてきたSW20のMR2、
クラッチが完全に滑っており、前後するのもままならず、、、
車両は違うも、前回は確かミッションだけ降ろしたように記憶しますが、
今回はエンジンミッション一式で降ろすことに。
恐らくエンジン側の方が手入れしないといけない箇所が多い?
という判断からです。
MR2は、エンジンが車両に載ったままだと、エンジンと正対出来ず、
しっかりとした判断ができませんからね、、、

まずはリヤのサスペンションメンバーからスタート、
降ろしていくのですが、バランスが悪いうえにめちゃくちゃ重たい。
メンバーがなくなると、エンジンオイル漏れが進んできている状況が見えます。

エンジンオイルとミッションオイル、
冷却水を抜いたりクーラーガスを抜いたり、、、

冷却水やエアの配管類、配線類も少しずつ進めます。
経年で固いし抜きにくいし外れにくいし、壊さないように。
ヒュージブルリンクのカバーの割方が分からず悪戦苦闘。
トランクルーム内にレイアウトされたECUの配線をエンジンルームへ引き入れます。

右側に鎮座するインタークーラーは、ファンモーターだけ撤去すれば、
エンジンマウントボルトは抜けてくれました。いよいよチェーンブロック。
ここからまた悪戦苦闘しながらエンジンミッションが降りました、、、

部品出しを行って、どれも手配できそうなのでよかったです。
いつも丁寧に調べてくれる部品商さんに感謝です。
大変でしたが今週はひとまずここまで、、、
また来週頑張りましょう!