エンストする時がある、で点検入庫のZ12のキューブ、
外部診断器によるダイアグコードはなく、異常なし、の表示。
症状の確認はそこそこに、この車両は、当方では、
エンジンルーム内の点検入庫は初めてなので、
基本に立ち返り、まず過去の記録簿などに目を通したうえで、
作業されていない箇所をまず整備して、試運転することに。

年式と走行距離から判断して、まず交換したいスパークプラグ、
NGKのイリジウムプラグは新品に。
その際インレットマニホールドの脱着が必要なので、
付属するガスケット×3点は同時に交換。
また同じく露わになる、すすでこべこべのスロットルバルブは、
ワコーズのスロットルバルブクリーナーでしっかり清掃、
全閉で向こう側から光が見える状態が正常です。
組み付け後は、お決まりのハンチングの嵐に襲われながら、
急速TAS学習の実施、なんとか完了、、、
決して教科書通りにやればできるというものでもなく、
あれこれとやってみて、経験しないとわかりませんね、、、
その後試運転を繰り返しまして、良好なのを確認。
ヘッドライトのくすみが酷いので、最後にポリッシングしてOKです。
ありがとうございます!