週の後半は少し余裕が出るようにしておきました。
いくつかは連休明けの入庫でお願いして、
昨日今日とおかげでうまく対応できてよかったです。

車検で入庫のU61Vのミニキャブバンは、
フロントロワアームのボールジョイントブーツの破れが左右とも、
フロントブレーキのローターの状態が悪いので研磨となりました。
作業前の試運転では、制動時にギコギコ言ってましたが、
作業後はよいフィーリングになっています。
くすんでいたヘッドライトは頑張ってポリッシュするも、
クリアはげが片側特に酷く、見違えるほどは改善せず、、、残念。

しばらく動かしていないので、バッテリーがあがってしまっていて、
いつでもよいので充電してほしい、で先週引取りに行った16912のパンダ、
エンジンをかけて走行して戻り、その後充電、
翌朝エンジンをかけようとすると、勢いよくクランキングできるものの、
エンジンが一向にかからない、、、かからない、、、
作業に手違いはなかったと思うが、まさに外車あるあるか?

調べていくと、どうやらフュエルポンプの寿命が来たらしい、
樹脂製のポンプ上部はべったりと濡れており、漏れ始めていた形跡が。
カプラーまでは電圧も来ている、取り外して直結しても不動。
お客様に来店してもらい説明、飲み込んでもらえてやれやれ、
家から帰る時にはかかっていたのに、などと、
ここで押し問答になる可能性が高いので、
普段どうお付き合いできているかが出るタイミング。

了解をいただいてから、下調べしてもらっていた部品を発注、
外車はとくに部品間違いがあってはいけないので、
必ずいつもお世話になっている部品商さんにお願いします。
ところが届いたポンプに問題あり、、、
部品商さんがよかれと思って、
仕入れ先の商社の在庫の社外品を送ってくれたのですが、
カプラーが入らない、、、見比べると突起の位置が広い、
元々付いているポンプは狭い、5mmくらいの差がある。
突起の幅のイメージを図に書いて部品商さんに送り、
間違いがない同じ仕様のものを、大至急純正ルートで手配してもらうも、
結局3日も余計にかかりました。1週間停まっていた事になります。
今日は組み付けて試運転、漏れのないことを確認、納車となりました。
ちなみにポンプを固定するわっか状のブラケットとOリングは必ず交換、
旧いブラケットも経年でひび割れしていたので、
再使用すると締め付けた際に割れる可能性大ですね、、、
とにかく無事に出庫できました、ありがとうございました!