エンジン始動後に右フロントタイヤハウス辺りより、
パキパキ異音が聞こえることがあると入庫のKDH200Vのハイエース、
引き取り先で一緒に異音の確認、運転席の下からのような、
それでいてしばらくすると消えてしまいます。
アイドリングで出るので走行装置には関係ありません。
現在170000キロ、今回の原因は、
IMGP3268.jpg IMGP3267.jpg
オルタネーターにありました。
お預かりしているうちに症状が酷くなって、
異音がはっきり出ている時は、チャージ電圧が12.5Vぐらいまで
落ち込んでいました。でしばらくすると14Vまで復帰したり。
今回もリビルト品で対応しました。
でさらにオルタネーターを外した奥の作業となるウォーターポンプも
冷却水漏れを起こしていたので同時に作業。
でっかいポンプまで辿り着くには複雑な作業となりました。
これでまたしばらくお仕事にお役に立てることでしょう。
ありがとうございました!
明日14日の道の駅三木行きは、8時半に魚住出発予定です。
よろしくどうぞお願いいたします~!