気が付くと、東からの朝日を浴びて満開、、、
普段ほったらかしなのにね、、、ありがとう!

MH22SのワゴンRスティングレーは、
ファン、クーラーベルトとボンネット交換で再入庫、
エアコンONでDレンジでキュルキュル異音がしていました。
ガサガサだったボンネットはリーズナブルなリサイクルパーツで。

車検で入庫のS321Vのハイゼットカーゴは、
右リヤショックアブソーバーの油漏れ、
エンジンオイルにオイルフィルター、エアエレメント、
固く締まったスパークプラグをガキンッと緩めると、
1番シリンダーから現れたのは頭の無くなったプラグ。
まさか緩めた時に折れたのではあるまいな?
折損個所が光っていないので、過去のものと思われるが、
にしてもこの状態でスパークしていたのかと思うと恐るべしNGK。
シリンダー内に異物が残っていないか確認して組み付け。
朽ちた残骸はバルブに噛みこまず、うまく逃げたのだと思われる。

無事にエンジン始動して、完成検査するも、
ヘッドライトテスト中や車両の前後に合わせて、
メーター内のバッテリーチャージランプがパカパカ点灯している。
電圧が落ち込む時があるようで、一瞬オルタネーターかと思うも、
アイドリング回転数がやけに低くなる時があるので、
電子制御となったスロットルバルブを清掃して組み付け。
しっかりと安定したアイドリングを取り戻して電圧もOKとなりました。

車検でお引取りのFE83DENのキャンターは、
左右ストップランプの不点灯、こちらはスイッチの不良、
お休み前に何とか手配して届けてくれました。
しかし狭くて14のスパナがかけられない、
普段出番はありませんが、
見かける度にいつ使うんだろ?と思っていた真ん中でカットしたスパナ、
何でも置いておかないといけませんね、、、

明日も休まず営業しておりますが、
土曜日まで既にご予約を複数頂いております。
ご入庫の際は、予めご連絡下さいますよう、よろしくお願い致します。