車検で入庫のL455Sのタントエグゼ、
埃でいっぱいのエアコンフィルター、摩耗したスパークプラグ交換、
左フロントロワーアームのボールジョイントブーツの破れなど。
今回は、ジョイントプーラーをかけるスペースが確保できなかったので、
ハブからドライブシャフトのスプラインを一旦抜きました。
嵌合がきつかったので、軽くハンマリングしてしばきます。
くれぐれもボルトのねじ山を壊さないように。

 

NGKのLKR6Cはとにかくよく摩耗が進みます。
イリジウムタイプに交換するか、2年ごとの交換か。
無交換はコイルの不調にもつながりますので、
確実に交換しましょう!
ありがとうございました!