昨日は久しぶりの満員御礼となりまして、
朝から夕まで入庫に作業にと重なりました!

点検で入庫だったZE2のインサイトは、オイルや12Vバッテリー交換、
過去のダイアグコードにP0A7F、高圧バッテリー容量深刻な劣化、の表示。
いったん消去して試運転を繰り返します。
走行距離、年式を考えると、そろそろ厳しい時期が来ていますね。

 

珍しくZE0のリーフが車検で入庫、
念のため過去のダイアグコードを拾い出しておいていったん消去、
普段入ってこないので、今後のために備えておきます。
12Vバッテリーは寿命で要交換のため、ACデルコの50B24Lに。

今日も早くから飛ばしていきましたが、、、

 

走行中にエンストしてしまう、で入庫のMF21SのMRワゴン、
アイドリングではなく、スピードが出ている時に、
ガクガクっときてストーンと来るそうで、しばらく再始動不可、
で2、3分経過するとまたエンジンがかかるそうです。
過去のダイアグコードは入っており、
A/Fセンサーはエンストには関係ないであろう。
よくあるISCVの不具合であればエンジン始動しても、
アイドリングできず、アクセルを煽るなどしなくてはならないはず。
今回は2つあるカム角センサーをどちらも交換しておくことに。
走行中にエンジン回転が入力されなくなってストールしてしまうように判断。
十分すぎるほどの試運転は出来ずでしたが、いったんお引渡し。

車検で入庫のU62Tのミニキャブトラックは、
タイロッドエンドブーツの破れは左右共に。
エンジンオイルフィラーキャップは水分を含んだスラッジが溜まっているので、
きれいに清掃しておきましょう!

 

車検でお預かりのMH21SのワゴンRは、
お見積もり時にフロントロワーアームのボールジョイントに、
大きなガタが出ていることを確認しておりました。
事前にロワーアームとタイロッドエンドをご用意、
組み上げてサイドスリップテスターでのトーイン調整、
試運転でステアリング位置確認、
他はスパークプラグやエンジンオイル交換など。
しかし残念ながら時間切れ、、、来週に完成検査予定。

12か月点検でお預かりのS201Pのハイゼットトラックは、
作業前の試運転でクラッチの滑りを確認、、、
休み前に本当はこれもやっつけたかったけど、
残念ながらタイムアップです、、、
来週も入庫が重なりますので、しっかりと頑張らなくては!