今日は早くから飛ばしていきましたが、
午前中はややハードでしたが、いずれもうまくいきました。
午後からは落ち着いて、のつもりが、
車検のDA63Tのキャリートラックが、依頼事項の冷却水交換、
ドレンコックを締め付けてやろうとすると途中でポキンッと折れてしまって、
かなり焦ってしまいましたよ、、、
インテグラはある程度見通しがつきました、
作業しておいたことで少し気分も楽になりました。
今更ながらで恐縮なのですが、
去る7月16日の日曜日、例年の通り、岡山国際サーキットでの
ティーポオーバーヒートミーティングに参加してきました。
IMG_7965.jpg IMG_7966.jpg
IMG_7967.jpg IMG_7968.jpg IMG_7969.jpg
IMG_7973.jpg IMG_7970.jpg IMG_7971.jpg
IMG_7974.jpg IMG_7975.jpg IMG_7976.jpg
IMG_7977.jpg IMG_7978.jpg IMG_7979.jpg
IMG_7980.jpg IMG_7981.jpg IMG_7982.jpg
IMG_7983.jpg IMG_7985.jpg
今年は新しくお誘いしたメンバーが、イベントを大変気に入ってくださり、
愛車での走行も大満足されておりました。何よりよかった!
お子様も意外となついてくださって嬉しかったな。
また私の相方も、以前のクルマに比べると、まだまだながらも
今年は満足できる走りができたそうで、ご機嫌でしたね。
雨の気配がなかった当日のタイムスケジュールは次々と進んでいき、
ひとつ前のスプリントトロフィーではスタート直後の大きな接触に肝を冷やしたものの、
16時過ぎでしょうか、最後の60分エンデュランストロフィーが近づいてきます。
スタートから40分前後に予定していた2回目のピットインまでは問題なし、
しかしピットアウトしたらば、あれっややシフトレバーが固いな、、、の印象で、
アトウッドまで行ったところで気が付きました、シフトレバーがどこにもエンゲージできない、、、
無理やり入った4速でそのままバックストレート、
クラッチ切ってシフトダウンしようとするもまたシフトダウンできない、、、やばい。
何とかピットに辿り着いていったんガレージに、あちゃー、リタイアだな、と。
でヘルメットのまましばらく考える、考える。
エンジンを切ってやればシフトレバーはカコカコと操作できる、
エンジンをかけると入ったり入らなかったり、、、
残り2分と場内放送が言ってるよ、の声に、
何とか一周回ってチェッカー受けられるかな?と思い、4速ホールドで騙し騙し走行、
何とか形だけゴールさせていただきました、情けない。
今年のチャレンジは何とかクルマをもたせたい、という消極的な意識が現れたのか、
トラブルも含め不完全燃焼な形でのレースとなりました。
今までは、あの雰囲気に出てみたい、という気持ちだけが優先していましたが、
これ以上これ以降はやるんならやる、に切り替わる時期に来てしまったかな、
という感じです。だからといってどこまでやれば、なんてのも見えないのも事実ですが、
またしっかりと楽しめる状況を作っていけるように、
日々頑張っていこうかな?なんて再確認した夏の暑い一日でした。