エンジンオイル漏れで入庫のHH5のアクティバン、
実際のところはオイル漏れではなく、
他店様でのオイル交換作業途中にドレンが壊れてしまい、
どうにもこうにもいかなくなった、の流れ、、、
IMG_7154.jpg IMG_7157.jpg 
IMG_7161.jpg IMG_7162.jpg
リフトに入れるや否やオイル溜まりがすごい、、、
ドレンの下側に大きなクラックがVの字に入っており、
仕方なく黒の液体パッキンを塗りたくって、無理やりの出庫?
ドレンコックを緩めて下側に軽く指をかけると、ポキッとかけらが、、、
とこうなってしまうと、オイルパンを交換となってしまうのですが、
なにぶんアクティのアルミ製のオイルパン、
車のリヤ側に横置きでに傾けて搭載されており、
ドディオン形状のためのドライブシャフトも邪魔して、
簡単には仕事をさせてくれません。
金額的にも5~6万はみておかないといけなくなるのですが、
お金がたくさんかけられない、という立場もあるでしょうから、
一度トライしてみる形で登場したのが、ブレニー技研のGM-8300。
アクティのエンジンは横にオイルレベルゲージホルダーが付いているので、
オイル交換の際には最悪そこからオイルを排出することも可能、
なので思い切ってドレンをふさいでやる形をとりました。
一晩オイルを垂らしておいて、その後しっかりと脱脂、
外気温が低いので、どうかな?と心配しましたが、
塗布して組み付けから7時間ほど放置で何とか満足できるレベルになりました。
7時間もあったらオイルパン交換できている?と言われれば、
返す言葉もありませんが、安価な修理と相談された上での方法です。
トライしてみてダメだったらオイルパンを交換の流れでよかったと思いますし。
オイルを入れての走行点検も問題なし、一件落着、、、
多分この車両、左リヤのブレーキのバックプレートが思い切り壊れていたので、
過去に脱輪か何かあったのでしょうね?
その際にドレンを強打してしまっていた?のではないかしらね。