HH5のアクティバンはクラッチすべりで入庫、
急ぎでお願いされるも、ホンダ系は厳しい、、、
エンジン以下駆動系が全てリヤ側にマウントされており、
ドディオンアクスルタイプとなるため、
通常のFRタイプのバンに比べると作業が難。
3個あるマウントの2個を外す必要もあり、
そうするとエンジンがぶらぶら、、、
吊ってやるにも思うような場所にフックは設置されていない。
IMGP7249.jpg  IMGP7250.jpg  IMGP7251.jpg
IMGP7252.jpg  IMGP7253.jpg  IMGP7254.jpg
ドライブシャフトをうまくかわすのですが、
デフのオイルシールのリップを掻いてしまいました。
いずれにせよ交換しておきたいサイドシールですが。
厄介だったのは、エンジンからミッションが分離できなかった事。
ボルトは全て外れており、隙間ができてコトコト揺れるも
ミッションが離れてくれない、、、時間とパワーを大幅にロス、、、
クラッチカバーのボルトをスターターモーターの穴から緩め、
上から下から無理やりバールでこじ開けます、、、
するとパイロットベアリングが粉々に壊れておりまして、
メンドラ中央で噛みこんで外れなかったという訳です、、、
今回は正直参りました、、、
大急ぎで組み上げて試運転、完了ありがとうございました!