不思議なもので3月に入ったとたん、雰囲気が変わりますね、、、
急に重なってくるので集中していかなくては、、、
ご成約いただいたS210Vのハイゼットカーゴ、
4ナンバーの軽貨物がなかなか手に入らなくて、
なんとか用意できたのですが、外装が思わしくない、、、
一番当たりのひどいドアパネルのみ中古で交換、
しぶしぶ承諾してくれましたが、
機関はまあ良好だといえるかな?
IMGP6488.jpg
タイヤやブレーキパッド、ドライブシャフトも交換済み、
現在75000キロですが、タイミングベルトやウォーターポンプも
以前に作業されている形跡があります。
基本的には下回りはきれい、オイル漏れもない。
しいて気になったオイルフィルターベースのOリングは交換。
プラグ、ベルトなどの消耗品は交換。
痛んでいた運転席シートは幌屋さんにお願いして修理してもらいました。
あとは書類が届くのを待つのみです。
今日はしばらくかかっていた事故の過失案件が決着できて、
夕刻その報告に来てくださってほっとしました。
事故日から3ヶ月強、当方のお客様は被害事故だったのですが、
相手様(保険を含む)が過失を主張されてきたため、
しばらく平行線でした。とはいうものの平行線のままでは、
いくらか時間が経てばくっつくというものではないので、
先日私からやんわりと相手様の保険担当に電話しました。
こちら側は難しい方ではないから、放ったらかしにしないで、
きちっと切り出していただいたらいいと思うよ、と。
そしたら話がぐっと進んですぐに解決、、、
こちらは事故後すぐに修理も完了してるんだけど、
3ヶ月も無言で引っ張られるとは、、、ね。
やんわりと、と書きましたがそれはそれは難しいです。
高圧的に言ってしまいそうになる立場ですが、
その言い方一つで相手の担当者さんの考え方や捉え方もかわるでしょう。
うまく解決の道をつけてほしいんだ、
そうだそうだ、もうこの問題終わりにしなきゃね、ということを
どんな風に言い回せばうまくいくんだろう?といつも考えます。
今日の別件では、先日の私の作業に少し足らないところが出たようで、
ちょっと診てほしいと来ていただきました。
いつも優しい方ですが、やはり少し、、、感じました。
手と口を動かしながら、うまくいけるかな?と考えます。
夕刻に再度経過確認の電話を入れてみました、
その後どんな具合ですか?
ああ、電話しようと思っててん、
すぐしてくれてありがとう、よくなってると思うの返事。
また万一悪かったらお願いします、と優しい声。
私はパーフェクトな人間ではありませんので、
残念ながら時には感情的にもなってしまったりします、、、
でもなんとかうまくうまくいけるように運びたいと考えれば、
自然と態度や言葉尻もまとまってくるのではないかなぁ?なんて、
これも心がけだなぁと思った次第です。