DA32Wのエブリィランディ、
エンジン始動時の異音とエンジンチェックランプ点灯、
そして水温メーターが上がらない、の3点。
まず異音はオイルポンプが最初に吸い上げる時のものと思われ、
オイルレベルも低く、オイル交換時期も来ているので交換。
IMGP6375.jpg  IMGP6380.jpg
チェックランプの点灯はO2センサーのヒーター回路の不具合、
こちらも交換してダイアグ消去、確認OK。
そして水温メーターは計器が故障しているのではなく、
経年によるサーモスタットの開きが原因、
ダイアグコードに水温系統の故障コードが入っていましたが、
まずは適正な水温になるようにしてあげる必要がありますね。
作業後エア抜き、スムーズにメーターが動き始め、
試運転しても針は真ん中付近で落ち着きました。
作業前はほぼ針が振れていませんでしたので、
ヒーターのききも悪かったでしょうし、
高速走行などの際には水温が急激に落ちて、
ATの変速不良などにもつながっていたのでは?
今まで大量に燃料も吹いていたでしょうし、
エンジンの水温が上がらないことによるドライバビリィの悪さは、
今回の作業で改善されることでしょう。
ありがとうございます!