先週は、特に木曜日は5台と車検の入庫が集中してしまいまして、
またタイヤ交換や12ヶ月点検や整備など忙しい週になりました。
その中から車検だったSXM10のイプサムは、
エンジンオイル漏れをタイミングベルトの交換と合わせて整備でした。
IMGP0673.jpg  IMGP0676.jpg  IMGP0677.jpg
タイミングベルトカバーを開けてみると、修理を引っ張ったせいで
中はオイルまみれ、清掃しながら取り外していきます。
ウォーターポンプ、テンショナーやアイドラーはもちろん交換。
クランクシール、カムシール、オイルポンプシールとケースのガスケット、
それぞれどれもカスカスでした。ゴムの柔らかさは全くなし、、、
シールを引き抜くのにも苦労しますが、シールの挿入はなお難しい。
HASCOのシールインサーターで確実に入れていきます。
スペースのせまいカム側は、なかなか入りきらず時間がかかりました。
作業後は冷却水、パワステオイル、エンジンオイルを再充填して始動、
十分に試運転して漏れを確認、OKです。