土曜日の雨のおかげで、日曜の朝は涼しく、
また美しいうろこ雲が広がって、まるで秋の空のよう、
所々で雲海も出ており、気持ちの良い朝でした。

今日は夏至に当たるようで、すっかり日が長くなりました。
またこれから段々と短くなっていくのかと思うと、
季節が過ぎていくのは随分と早いなぁ、と感じます。
そんな夏至を前にした時期に必ず観たくなるのが、
スティーブマックイーン主演の映画、栄光のルマン、です。
ルマン24時間レースは、フランスの夏至に当たる週末に行われるのが通例で、
当然、その年のレース模様も気になるところなんですが、
毎年、栄光のルマンを観ることで、思いを馳せるといいますか。
春に観たくなるのは、七人の侍、、、
冬を耐え抜いて、草花の芽吹く春を迎え、田植えのシーンでエンディング、
冬に観たくなるのはやはり、フランス映画の最高傑作、男と女、でしょうか。
秋は、、、なぜかピンときませんね、、、上3つは毎年のルーティーン。

先月のGWだったと思います、BSプレミアムシネマで、
ベンハ― デジタルリマスター版、の放送があったので録画。
世界史の勉強か、と思うような内容のそれは、
3時間半を超えるスペクタクル映画史上の最高傑作、
私が小学生高学年だった頃でしょうか?いや中学生くらいか?
たしか日曜洋画劇場だったような、
いや最後が淀川さんのサイナラ×3ではなかったような?
たしか水野さんの、いや~映画って、ホントにいいもんですね~、
だったように思うから、金曜ロードショーだったでしょうか?
記憶が定かではありませんが、あの有名な戦車レースシーンは、
何度も繰り返し観たように思うが、他のシーンは色々と記憶の向こう、
でも観るうちに、どんどんと記憶が蘇ってきて、
いや、その頃はそんなに深く集中して観ていなかったな。
でもまた何十年も経ってから、名作を鑑賞出来てよかったな、と思います。

車検でお引取りのS320Vのハイゼットカーゴは、
タイヤの摩耗、汚れたエアエレメント、摩耗したスパークプラグ交換など。
S320Vは旧型エンジン、S321VのLKR6Cないし7Cと違い、
BKR6E11を使用していますが、同様によく摩耗しています。
過走行の車両は、スルーせずに必ず交換しましょう。

今日は一気に入庫が重なって、忙しかった。
明日以降も、ご予約が重なっていますので、
ご入庫の際は、予めご連絡下さいますようお願い致します。