先週車検でご入庫いただきましたZZE123のカローラフィールダー、
今回は左側のドライブシャフトのインナーブーツの破れがありました。
インナーブーツは在庫がなく、純正でメーカー手配、
また本来はドライブシャフトを抜いて作業したかったものの、
ナックル側のスプラインの篏合がきつく、スムーズに抜けそうにありません。
ですからインナージョイントをミッション側に残す形でブーツ交換。
しかしこのブーツ交換に端を発する形で後に手直しで予期せぬ事態に、、、

車検の合否に関係ありませんが、初めて車検に入庫の場合は、
スペアタイヤは忘れずにエアチェック。エアが少ない確率が高い。
ドライブシャフトを外す際に取り外したブレーキローターは、
見えない裏側がさびが大きく回っていましたので研磨を。

ドライブシャフトを抜いた際に、分離したナックルの傾きが変わったせいで、
極端なトーアウトとステアリング位置などの調整をしました。
しかしお引き渡しの際に気になる手直しがあって、修正を行いました。
が、その手直しで調整していた部分がまた変わってしまったようで、
一日余分に頂く形で再調整しての納車となってしまいました。
本来は気持ちよくお帰り頂くのが望ましいところではあったのですが、、、
ただ私にとっては、再度手直しになった事で、
この車両の経緯や流れを把握できたわけで、あっそういうことだったのね、
と納得することができました。結果よかったと思っています。
以後は気を付けることができます。
ご迷惑をおかけしましたが、ありがとうございました!