外装修理でお預かりだったL350Sのタントカスタム、
作業前の試運転では、直進状態でハンドルが右に約45度程傾いており、
サイドスリップテストでは、トーイン測定値が針を振り切っていました。

 

主に右フロントタイヤ付近で衝撃を受けていたようで、
ショックアブソーバーのハブ固定部分で大きく折れておりました。
またディスクホイールも、バランサーにかけると、
目視で分かるぐらいに、グネグネと触れておりました。
余計ですが、エンジンオイルフィラーも汚れており、
オイルも少し減っていたのでオイル交換、
ベルトもシュルシュル言ってましたので調整を。
そして外装の修理も完了してお渡しとなりました。
ありがとうございました~!