私はドイツ語ができないし、相応の高等教育を受けていないから、
持って来てはダメだよ!と念押ししていたのに、
何度かエンストしてしまったので、、、と入庫の230467のSL、
これまで何度か見せに来てくれていたので、
この車両に対峙したのは初めてではないが、
これまでたくさんの愛情を注がれてきた車両ではないことは、容易に分かる。
もちろん今のオーナーさんのせいではないが、、、
正直お金をかけてよくしていく、というレベルではないように思う。

当方が保有する診断機でも接続する事が出来てびっくり。
たくさんのエラーコードが出てきて変な汗が出てくるが、
難しく考えず、メインとサブのバッテリー交換とクランクシャフトポジションセンサーを、
部品商さんに手配してもらって交換する事にしました。
バッテリーの元気がなくてのエラーコードだろうし、
エンジン回転数を判別できなかった事によるエンストだと考えるのが、
妥当なところではなかろうか?
クランクシャフトポジションセンサーは、一本のトルクスねじでの固定、
ただこれが狭くて、工具も真っ直ぐかけにくい、、、
怖々と複数回試運転を行うが、その後異常コードも入らず、調子は悪くない?
そもそも絶好調だった頃の車両に乗るような経験はあるはずもないので、
よい状態を知らないので、調子が良いとは言い切れませんね、、、?
ただこういう乗り味やサウンドやパワーなんだ、という事は経験できました。
大きなモーターボートのようなイメージかな?
次はスターターモーターがそろそろのように思いましたので、お伝えしまして、
欧州車のメンテナンスを専門にされている工場にお世話になるようお願いしました。
ありがとうございました!