GG3Sのアテンザは車検で入庫、
フロント側のブレーキパッドの磨耗で交換作業、
IMGP1480.jpg
大抵の場合ブレーキキャリパーは下側から上にひらいてパッド交換をしますが、
アテンザは上側のみボルトで緩められるようになっており、
しかもショックにつくブレーキホースのホルダーを外さないと
キャリパーが前に倒れないようになっています。
この構造なら万一キャリパーの固定ボルトが緩んでしまっても、
ブレーキホースがキャリパーを引っ張ってくれているので
このほうが安全上いいじゃない!と思った次第です。
そんな理由じゃないかもですが、きっと深く考えられてるんだな!?