以前から相談を受けていたANM10のアイシス、
1.朝、駐車場から出て行く際にキーキーとものすごい異音がする、
2.走行中、左のスライドドアの方からカタカタと異音がする
3.左前のドアを開けて閉めようとするとガツンッといって閉められない事がある
という3点の依頼事項。
いずれも現象の確認が必要で、3はすぐに確認。
これはドアを開放したときにカーテシスイッチのへたりが原因で
ドアロックがドアを加えようとするためかと。
1.2については走行すればいろいろ音は出る中で、
お客さんが不快に感じているのはどの異音かを一緒に抑える必要があります。
1は朝一、お客さんの自宅に伺っていつもと同じように運転してもらい、
私は外に立って異音を確認、
キーキーというとすぐにブレーキを踏んだ時に発する異音を思い浮かべがちですが、
実際には車輪の回転に合わせてキーキー音が発せられているのが分かりました。
しばらく走行するとその不快な音は消えてなくなります。
結果的には、
DSCN4405.jpg
リヤ側のパーキングブレーキに原因があったようです。
この車両は4輪ディスクですが、後輪ディスクローターの内側が
パーキングブレーキ用のドラム式になっており、
そこのリリースが若干スムーズに動かないため異音が出る模様。
しっかり清掃してグリスアップと調整、何度乗っても静かになりました。
(完璧を求めるならローター内側のドラム研磨ないし交換とシュー交換)
ひとつ解決できたので次は二つ目、
これも同乗していただいて、どの異音かを的確に指示してもらいました。
確かに道路の凸凹に合わせてコトコトと不快な音が確認できました。
工場のそばを南北に通る県道が一番異音を出してくれて、
お客さんも話が通じてほっとしていたよう。
いったん車両をお預かりして時間をかけて作業することに。
こちらは二人がかりで何度も何度もぐるぐるを繰り返し、
こうじゃないか?あーじゃないか?の末、異音の解消に成功。
納車時には再度お客さんに同乗してもらい、
コトコト音は消えていることで了解をいただきました。
アイシス、左側のドアの開閉に際して、センターピラーを持たないという
画期的なアイディアで非常に人気のある車両、
ラウムなどもこの方法をとっていましたね。
このアイディアのために異音が発生してしまうのは、
仕方のないことなのかもしれません。
そもそもこんな大きいドアがピラーレスで支えられていること自体驚きです。
おそらく異音がするようになったんではなくて、もともとしているものなのでしょう。
ただ具体的な解決案はいいものがないようですね。
こういう異音の対策作業というのは、案外真剣に取り組んでもらえないものだと思います。
人それぞれで不快に感じている音は違いますし、
それを対策するに当たって、作業内容は分からないし、見積もりもできないし、
もちろん試運転を複数人で時間をかけて行い、、、となってしまい、
結果的に異音が抑えられても、それだけのお金を請求しにくいという現実があります。
例えば丸5日間かかって抑える事ができて、はい5万円下さい!といっても
そんなんじゃ話にナランって結果が待っているわけで。
今回やってみた対策は、たまたま功を奏しただけかもしれませんが、
他のトヨタのスライドドア車などでやってみようと思います。
5台やって5台OKなら事実となるかな?