事故後の修理に長期間かかっていましたエスティマ。
最後の仕上げ作業です。
クーラーガスチャージ。十分に真空引きを行ってからチャージします。
DSCN1532.jpg
このエスティマは高圧側チャックはボンネットを開けてすぐの
わかりやすいところにあるのですが、
低圧側のチャックがなぜかアンダーカバーを外した下側から、、、ん?
ツインエアコンのためガスは880±50、
サイトグラス泡消え後、200±50の指示です。
そして各部水、オイル、エア、灯火類の確認。
DSCN1534.jpg
ヘッドライトテスターで4灯式になっているハイビーム、ロービームそれぞれを
しっかり合わせておきましょう。おかしいいままだと、
夜間に乗られてまず気になるところですからね。