高速道路で制動時にブレーキペダルが底までついてしまったと入庫のワゴンR。
まずは症状確認。ペダルの具合もブレーキの利きも正常です。
ホイルを外して点検すると左前側のみパッドが磨耗しています。
そしてハブのロックナットが手で回るぐらいに緩んでいます。
ハブの回転も重い。ばらしていくと
DSCN0290.jpg

ホイルベアリングがごりごり、これでは駄目です。
ゴーゴー音をたてたまま随分乗っていたはずです。
ベアリングが損傷しているため、ハブが熱を帯びてブレーキが
ベーパーロックを起こしたのだと考えられます。
ホイルベアリング、オイルシール、ロックナット、ブレーキパッド、
ブレーキオイルをいれかえて完了です。
そういえばこのうるさいのがならないかなーと思っていたとの事。
早く言って下さいよー。どっか遠方でロックしたらえらいことになる。
今回はブレーキローターの損傷までいってなかったのが幸いでした。