GX110のマークⅡのタイミングベルト交換。
タイミングベルトはエンジンのクランクシャフトとカムシャフトの
回るタイミングをあわせているもので10万キロに一度、
交換が推奨されています。タイミングベルトの山がはがれたり、
欠損してしまうと、始動不能となり最悪の場合エンジン内部の機構を
損傷し修理に多額の費用が必要になります。
最近はベルト駆動ではなくチェーン駆動が増えてきているので
切れてしまうということはなくなりましたが
チェーン駆動の場合はチェーンがエンジンオイルに漬かって滑らかに
駆動するようになっていますので、オイル交換していない車両は
ギャリギャリとものすごい音を誘発します。
DSCN0155.jpg

テンショナーベアリングが昔と違い凝ったつくりになっていました。
やはり新しい車は高性能になっている。勉強になります。